2007年04月14日

庚申塔

庚申塔(こうしんとう)って知っていますか?

下の写真のような石塔のことを言います。
(これは私が幼少の頃、よく見ていた赤羽台団地の庚申塔です)

H 047.jpg

旧暦では60日に1度、庚申(かのえさる)の日が巡ってきます。

この夜に眠ってしまうと人の体内にすんでいる三し(さんし)という虫が天に昇り、天帝にその人の日ごろの行いを報告するという教えがありました。

報告された行いの内容によっては寿命が縮まると言われていました。

寿命が縮まっては大変ですので、この日は身を慎み、虫が抜け出せないようにとみんなで集まって徹夜して過ごしました。

このような慣わしは平安時代のころからあったようですが、江戸時代には全国の農村などで大流行しました。

最初は、身を慎むことが目的でしたが、そのうちに米や野菜、お金を持ち寄り、皆で飲食・歓談して過ごす楽しい集まりになっていきました。

さまざまな情報を交換し、農作業の知識や技術を研究する場、もしくは相談を打ち明けたりする社交の場でもありました。

この集会を3年18回続けた記念に建立したのが庚申塔なのです。

長寿や健康のみならず、家内安全や五穀豊じょう、現世や来世のことなどを祈り、それを碑面に刻みました。

私はこの話がすごく好きです。

地域で集まりいろいろなことを語り合う場が今の現代にはないんですね。

地域の夏祭りくらいではないでしょうか?

昔の日本人はしきたりや慣わしがあったため老若男女が集うきっかけがいろいろとありました。

非現実的で面倒なものも中にはありますが、このようなしきたりの意義というのは実は人と人のコミュニケーションにあったのではないかと思っています。

最近、「日本人のしきたり」という本が売れていますが、実は現代人の孤独感、寂しさが理由なのではないかと考えていたりします。

関心のある方は是非、一読を。





posted by リュウ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

明日、14日に「東京タワー」という映画が全国公開されます。

亡き母への思い、親と子、社会と個人など時代によって変わりゆくものと、変わらない普遍的なものの姿を描き、210万部のベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝的小説である「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を映画化したものです。

樹木希林と内田也哉子の親子が出演していますが、なんか前評判よさそうですね〜。

親と子の関係の映画ってどうも弱いんです。

観たら泣くんでしょうね。。。

すごく楽しみです。

小説はちょっとだけ目を通したのですが、まず映画を見てからと読むのをやめました。

小説が映画化された作品に接する場合、人によって、小説→映画、映画→小説 と2つのタイプに分かれるようですが私は後者ですね。

前者の方も後者の方も是非、一読を。


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~



posted by リュウ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荻窪の春木屋のラーメン

私は大のラーメン好きです。

いろんなラーメンを食べてきましたね〜。

そんな私のラーメンNo1は荻窪にある春木屋というお店の普通の醤油ラーメンなんです。

初めて食べたときの感動はいまだに忘れられません。

普通のなつかしいラーメンなのにすごく美味いんです。

ふかひれなどの高級食材を使ったひねったラーメンが最近はやっていますが、どうもこの手のラーメンは好きになれません。

ラーメンは主食ではなくあくまで小腹にいれる程度という位置づけでいいと思うんです。

しかし美味い、そこにラーメンの醍醐味があると私は思います。

これはインスタントですが、いけます!



私の日本一と思う春木屋のラーメンです。
posted by リュウ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保坂尚希の出家について

保坂尚希が出家するというニュースがテレビで流れていました。

私はテレビを見ていて彼の気持ちがなんとなくわかるような気がして好感を持ちました。

でも出家?なんか怖い〜。。。と思っている人も多いのではないでしょうか?

宗教に関するある程度の知識がないと理解してあげることができないかもしれませんね。

無知の知という言葉がありますが、宗教にこそこの言葉が当てはまると常々私は感じています。

宗教に関心を持つきっかけとしてこの本を紹介します。



著者は玄侑宗久(ゲンユウソウキュウ)という方で、1956年福島県三春町生れ、慶応義塾大学中国文学科卒業された方です。

様々な職業を経験されたのち、27歳で出家。

京都の天龍寺専門道場にて修行。

現在、臨済宗妙心寺派、福聚寺副住職。

デビュー作「水の舳先」が第124回芥川賞候補作となり、「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞されました。

テレビにもよく出演されているのでご覧になられた方もいるかと思います。

宗教に距離をおいている人はこういう本を読まれるといいと思います。

すごく身近に宗教が感じられ、関心を持たれるのではないでしょうか。

是非、一読を。
posted by リュウ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行や出張用のバッグ

もうすぐゴールデンウィークですね。

旅行に行かれる方も多いかと思います。

旅行前にいつも迷うのがバッグではないでしょうか?

私もいくつかバッグを持っているのでご紹介します。

これはビジネス出張もしくは結婚式などのフォーマルな場合によく使うバッグですが、非常に重宝しています。さすがTUMIのバッグだけあって軽くて頑丈で機能的ですね。あきもこないデザインが気に入っています。


もう1つがこのリモワ。これは学生時代から使っているのでかなり傷や汚れがついているのですが、そこが良い味を出しており手放せない一品になっています。使いやすさからいったらTUMIなんですが、荷物が多いときはリモワにも入れたりします。


以前はキャリーバッグを持っている人はそんなにいなかったと思うのですが、最近は東京駅構内でもたくさんの方が持っていますね。日々の日常バッグとして使っている方もいるようです。

確かに重くないし便利ですよね。

これからバッグの購入を検討されている方は是非、参考まで。

posted by リュウ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

松井の不動心

ヤンキース、松井選手の「不動心」が売れているらしいです。

男性スポーツ選手が出す本はたいてい男性が購入するらしいのですが、この本は4割が女性客らしいです。

松井選手は左手を骨折して連続試合出場記録がとだえました。

しかしこのような困難に対しても自分のできることを考えて克服していった松井選手の姿勢に女性が共鳴しているようです。

女性の時代と言われていますが、女性も困難に対峙してがんばっているということですよね。

人生楽ありゃ苦もあるさ〜とは水戸黄門ですが、誰にでも必ずこういうサイクルがありますが、苦(壁、障害)の乗り越え方で人生が決まるような気もします。

私も読んでみようと思います。




posted by リュウ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチロー&城島vs松坂

松坂とイチロー、夢の対決!

ちょっとこういう騒ぎ方、私は抵抗ありますね。

理由は城島が取り上げられていないからです。

松坂はイチローをノーヒットに抑えたのですが城島には2本の二塁打を打たれました!

ちょっとうれしかったですね。

1本すごいホームラン性のファウルがありましたからね〜。

でも大リーグでこれだけ日本人対決が騒がれるのには正直胸が躍りますね。

日本人!みんながんばれ!












posted by リュウ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

人材の評価について

企業や学校など人が集まるところには必ず”評価”という言葉がでてきますね。

評価には大きく、相対評価、絶対評価 の2つの種類があります。

学校などで生徒のがんばりも見てあげないといけないので絶対評価を取り入れるべき、という話も聞いたりします。

何かと意見が割れる評価制度ですが、個人的には絶対評価というものはありえないと思っています。

がんばったプロセスは当然見てあげなければいけませんが、これをオフィシャルな評価に取り入れるのには疑問を感じます。

学校では成績順に評価するべきですし、企業では成果の貢献順に評価すべきでしょう。

評価が混乱する背景には、評価の目的や項目が明確になっていないことが考えられます。

企業でいえば、各スタッフの与えられた任務と比較して評価すべきでしょうね。

欧米などで普及している職務給制度が導入されている企業であれば、与えられた職務に対する絶対評価は可能ですね。

終身雇用制度も崩壊し、人材の流動化がますます激しくなっていく日本の労働市場において、この職務給制度が日本にも普及していくことが予想されます。

24(ジャックが主演の)を見ていて思うのですが、オフィスに新しいボスやスタッフが来て、いきなり即戦力になっている姿を見て、これが究極の組織なのかな〜と思ったりしています。

職務給制度といえば、私はヘイコンサルティングがおすすめですね。

すごく理屈に適ったシステムをつくられている会社だと感心します。

この本は評価に感心をお持ちの方におすすめです。

正しいコンピテンシーの使い方―人が活きる、会社が変わる!

是非、一読を。
posted by リュウ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢沢永吉

私は何をかくそう永ちゃんファンです。

武道館ライブでは「ルイジアナー!」でタオルを投げて日頃の仕事の疲れを発散しています。

永ちゃんの曲を聴くと若いころのほろ苦い想いでがよみがえってきてたまらない気持ちになりますね。

どの曲も大好きなのですが、一番好きなのはチャイナタウンですね。

失恋の想いでの曲でもあります。


1975年のアルバムですね。アルバムタイトルは「アイラブユーOK」。今でもよくカラオケで歌います。


「A DAY 」1976年のアルバム。好きな曲が満載のアルバムです。特に親友は胸を打たれる曲でした。


「ドアを開けろ」1977年のアルバム。チャイナタウンが収録されている一番好きなアルバムです。



「スーパーライブ日本武道館」1977年のアルバム。燃えるサンセットはほろ苦い想いでの曲ですね。。。。


「ゴールドラッシュ」1978年のアルバム。この中に資生堂のCMソングで大ヒットとなった「時間よ止まれ」」が収録されています。この曲で永ちゃんをを知った人も多かったのではないでしょうか。


「LIVE 後楽園スタジアム」1978年のアルバム。伝説となっている後楽園ライブ。写真集も出ていますね。



「KISS ME PLEASE」1979年のアルバム。 I SAY GOOD-BYE, SO GOOD-BYE に新たな永ちゃんの境地を感じたものです。


「YAZAWA」1981年のアルバム。全世界発売という永ちゃん世界進出第一歩の記念すべきアルバム。LOVE THAT WAS LOSTがヒットしました。


ご紹介したアルバムはどれも1970年代を中心とした古いものなのですが、忘れることのできない想いでのたくさん詰まったアルバムです。







posted by リュウ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団塊格差

2007年問題って知っていますか?

特に47年から49年に入社した人たちがいっせいに退職しはじめる年が2007年かららしいのです。

知の流出を懸念している企業もいれば、一方、お金と余暇を持て余したこの団塊の世代をターゲットにいろいろな知恵を絞っている企業もいることでしょう。

団塊の世代は何にお金を使うんでしょうか?

非常に関心のあるところですね。

団塊の世代ってどういう人たちがいるのでしょうか?

なんとなくお金持っているから旅行とかグルメとか、そういうことにお金を使うのでは、、、、。

気になる団塊の世代ビジネスではありますが、今まで団塊の世代のことを詳しく書いた本がありませんでした。

そんなことを思っている方がいましたら朗報です。

この本は団塊の世代をセグメント化してマーケティングのヒントを与えてくれている本です。

あったんですね。こういう本が。







posted by リュウ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和泉屋の長崎ちゃんぽん

私は長崎に住んでいたこともあり、ちゃんぽんにはけっこううるさいほうです。

月に何回かはリンガーハットにも通っています。

なかなか美味いちゃんぽんにお目にかかれるときがないのですが、
ぶったまげるくらい美味いちゃんぽんを発見しました。

それもなんと通販で。。。。

だまされたと思って一度食べてみてください。

ちゃんぽん通の私が言うのだから間違いありませんよ。


posted by リュウ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカーゲンの時計

最近、気になる時計があります。

デンマークのスカーゲンという時計です。

MOMA(ニューヨーク近代美術館)にも展示されているらしいのですが、一番の魅力は価格です。

安いんですね。しかしデザインや材質はなかなかしっかりしたものになっています。

スウォッチあたりが価格だけ見ると競合になってくるのでしょうか?

特にこれ。


posted by リュウ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉引の徳利

私はどちらかというと日本酒党です。

毎日、愛用の粉引の徳利で飲んでいます。

粉引のおもしろいところは毎日見せる肌の景色が変わるんですね。

また使い込んでいくうちに様々なしみのような模様がついてきます。

そういう変化も楽しみながら毎日飲んでいるのですが、けっこう粉引の徳利って知らない方が多いのですね。

日本酒党の方であれば是非、粉引で飲ってください。


posted by リュウ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカラのグラス

たまに寝る前にブランデーを飲むときがあります。

日頃安物の焼酎ばかり飲んでいるので、たまにブランデー(これも安物ですが)を飲みたくなるときがあるのですね。

ブランデーを飲むときは、きまってバカラのグラスを使います。

器も味の一部とは北大路魯山人の言葉ですが、まさにその通りですね。


posted by リュウ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊佐美

先日、鹿児島の友人より焼酎が送られてきました。

伊佐美という焼酎です。

焼酎はいつもお湯割り飲むため焼酎の銘柄とかあまりこだわっていないのですが、これは美味しかったです。

2日で1本空けてしまいました。


posted by リュウ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井県はグルメのメッカ

先日用事があって福井県に行ってきました。

いや〜、ここの食べ物は何でも美味いですね。

びっくりしました。

焼さば寿司です。コンビニなどでも売られているので知っている方もいるかと思いますが福井県が元祖なんですね。これはイチオシ。


なんと福井県は水ようかんを冬に食べるのです。甘くなくてすごく美味しいですよ。


福井県のそばは日本一と言えます。そばはすべておろしそばなんですね。なんでこんなに美味いのに東京にはお店があまりないんでしょうか?出店すればかなり繁盛すると思うんですけどね。。。。


皇太子殿下も愛飲しているという黒龍の大吟醸「しずく」ですが、なかなか福井県の人でも入手できないらしいです。お店では飲ませてくれるようですが、もう日本酒とは呼べない味ですね。なんなんでしょう。フルーティーでしかしコクがあって。。。。


笹カレイですがもう絶品です。何枚でも食べれますね。


まだまだ紹介したい食べ物や飲み物はたくさんあるのですが、
特に感動したものをあげておきました。

福井といえば越前がに、ですが実はかによりも美味い食べ物がいくらでもあるのですね。

こんなに美味い食べ物が多いのにひかえめで地味な福井県は今後要チェックですね。

いや〜本当に美味い!
posted by リュウ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠原風鈴本舗の江戸風鈴

まだ季節ではないのですが、
私は5月の連休を過ぎたころから風鈴の用意をするんです。

ムシムシするな〜と思った時に風鈴の音がすると逆に暑さがうれしくなるんですね。

不思議ですね。

風鈴の音色は金属音ではなくてガラスのちょっとにぶい音が好きですね。

そういうことから江戸風鈴を愛用しています。

特に篠原風鈴本舗『江戸風鈴』はおすすめです。


posted by リュウ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 調度品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笹倉玄照堂の作務衣

作務衣(さむえ)って知っていますか?

禅僧が着ている紺色の作業服です。

禅寺では作業のことを作務(さむ)と言います。

作務の時に着る衣なので作務衣と言うのですが、これがなかなか
快適なんです。

私は家にいる時は作務衣を着ていることが多いのですがけっこう病みつきになりますよ。

家にいる時はTシャツに短パンでもいいのですが、作務衣を着ているとなんとなく品が保たれつつもリラックスしている絶妙の感じがあるんですね。

それに日本人の顔にも合いますしね。

私はかれこれ17年くらい同じ作務衣を着通しています。

藍の色もあせて使い込んだ良いふうあいになっています。

おすすめの作務衣は笹倉玄照堂のものですね。

笹倉玄照堂の作務衣は、著名人の間でも愛用されており、名前が通っているだけあってモノは確かにいいですね。

手つむぎ感覚のしっかりとした素材に、動きの多い部分は裁ち目の見えない巻二重縫いで、繰り返しの洗濯にも強い丈夫なつくりになっています。

これから暖かくなってきますので、家にいるときなどにちょっと和のテイストでくつろぎたいと思われている方にはおすすめです。



posted by リュウ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コトラーのマーケティング原理

最近、起業する人が増えましたね。

簡単に誰でも株式会社が作れるようになったことも後押ししているのではないでしょうか?

起業して成功するためのポイントは?

よくこういう話を聞きますが、やはり気持ちの部分が大きいような気がします。

もし気持ちや目標達成意欲、などが充実しているのであれば知識もあるにこしたことはないですね。

どんな商売でもマーケティングの4Pは大切です。

プロモーション:広告のことです。

プライス:価格ですね。

プロダクト:製品のことです。

プレイス:製品の流通経路や陳列する場所などを指します。

まあ、4Pを知っているから商売が成功するわけでもないですが、戦略を立てるときに非常に便利ですので、勉強する価値はあると思いますよ。

もしこういうことをあまり知らないのであればこの本はおすすめです。

とりあえず1冊にすべてが詰まっていますので、バイブルにしてほしいと思います。

内容はわかりやすいですよ。





posted by リュウ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

アディダスのサンダル

サンダル持っていますか?

つっかけとも言いますね。

ちょっと近くのコンビニまで行くときにはサンダルをはく人もいるでしょう。

私は20年間、ずっと同じサンダルをはいています。

そして今後もずっとこれでしょう。

まったく飽きず、はきやすいサンダル。

それがアディダスのサンダルです。

これは優れものだと思います。

これからの季節、はく機会も増えるでしょうね。


posted by リュウ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。