2007年03月30日

手帳術

私はかなりの手帳マニアです。

過去にいろんな手帳を使ってきました。

ファイロファックスや伊東屋の24時間手帳、そのほかにもいろいろ使ってきました。

しかし最近やっと落ち着くところに落ち着けたかな、と感じています。

それはポケットサイズの能率手帳と大学ノート1冊で情報を管理する方法を見つけたからなんです。

情報は一元管理、という幻想にとらわれすぎていたんですね。

能率手帳は予定と簡単なメモのみ記入し、あとはすべて時系列に大学ノートに書き込んでいくという使い方です。

電話の応答メモから新聞の切り抜きから、なんでも大学ノート1冊に放り込んでいきます。

そして能率手帳をいつも胸ポケットに忍ばせているんです。

これはすごく重要で、かばんに入れてもだめ、ジャケットの内ポケットもよさそうでだめでした。

ワイシャツの胸ポケットにはいる大きさの手帳じゃないと。

この使い方がひらめいたのが、次の2冊の手帳の本でした。

本当に感謝しています。

手帳ってこだわる人はこだわるんですよね。

それでなかなか腹に落ちる使い方にめぐり合えなかったりするんです。

手帳の使い方には個人差がありますから参考になるかわかりませんが、おすすめの2冊、紹介します。

絶妙な手帳メモの技術―システマティックに使いこなせてあなたの将来を変える「すごい手帳」


ほぼ日手帳の秘密 2007

是非、一読を。







posted by リュウ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。