2007年04月03日

出来そうに見えるわけ

ビジネスの世界で「あの人、出来る!」と思うことってないですか?

会議での発言、プレゼンテーション、クライアントへの営業など。

でも出来るって定義はちょっと曖昧でもありますよね。

私は出来る!=仕事の成果を出す、と考えて次のような
公式で考えています。

仕事の成果 = 努力 x 能力 x 考え方

努力とは、気合とか根性とか徹夜で仕事をすることです。
やはりこういうファイトがないとダメだと思うんです。

能力とは、経験やスキルや知識や持っている資格だったりします。

考え方は、論理的、戦略的、計画的、倫理的、、、、

こんな感じです。

それで「あの人できる!」って思う時って、これらのどの部分の
ウェイトが高いのかな〜と考えたんです。

私は論理的、戦略的な考え方の部分が大きなウェイトを持っている
ように思いました。

でもほとんどの人はこの部分は学習で身につけたもののようにも
思います。


もしかしたら日本人の苦手な部分かもしれません。

本当に出来る人っていうのは、考え方の学習をベースに、その上に
経験から生まれるひらめきやアイデアが生まれる人のことを言うのだろうと思うのです。

しかしなかなかそんな人いませんよね。

いずれにしても考え方って重要だと思うんです。
(ガッツや経験ももちろん大切ですが)

学習である程度学べるものであれば、さっさと本でも読んで
ある程度、理解してしまったほうがいいのではないかと思います。

それで、その考え方を学ぶおすすめの本を紹介します。
3冊あります。

1、「[新版] MBAクリティカル・シンキング

2、「新版MBAマーケティング

3、「MBA経営戦略

3冊とも著者が同じですが、けっして私はこの著者のまわしものではありません(笑)

この類の本は私もいろいろ読んだのですが、体系的に書かれていて
やっぱりこの3冊かな、と思うんですね。

はじめは内容が難しいと感じるはずですが、がまんして読みすすめていき、3回くらい繰り返して読んでみると、なんとなく考え方の骨組みが頭の中に出来てくると思います。

そうしたらしめたものだと思います。

ビジネススクールに行くよりもよっぽど安上がり。

この3冊を読破できたなら、絶対に頭の中がかわっていること
と思います。

そして、今まで出来るって思っていた人の発言に対して
な〜んだ、そういうことかっ、と思えるようになります。

是非、一読を。






posted by リュウ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。