2007年04月03日

研修で思うこと

今の時期は新入社員研修があっちこっちの会社でおこなわれていることと思います。

でも人を教えるということはすごく大変なことですよね。

そもそも研修をして、どういう社員になってもらいたいのか?

ここらへんを明確にしておくことが大切です。

研修で教えてもらったことはできるけど、それ以外のことは
できません、という社員にはなってもらいたくないですしね。

また自己啓発に熱心で本で読んだことを受け売りで
さもわかったように話すんだけど行動がともなわないような
社員にもなってもらいたくないですよね。

では、どういう社員になってほしいのでしょう?

自分の判断で動ける社員になってほしいのではないでしょうか。

もっと簡単に言うと、自分の頭で考えて、自分で判断で行動がとれる社員、とでも言いましょうか。

そうなると会社から強制的におこなわれる研修では難しい面も
あるかもしれません。

木のいのち木のこころ―天・地・人

この本にはそんな人材育成に関する悩みを吹き飛ばしてくれるメッセージが熱く書かれていました。

剣道の世界に、師は3年かかってでも探せ、という言葉があるの
ですが、まさにその通りとうなる本でもありました。

ちょっと感動したので紹介いたします。

是非、一読を。



posted by リュウ at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。