2007年04月03日

日経新聞の読み方

学生時代はまったく新聞など読んだことなかったのに、
会社にはいってから新聞を読むようになった新人の方も
いるかと思います。

そしてはじめて読み出した新聞が「日経新聞」。

これはちょっときついですよね〜(笑)

実は私もその類なんです。

何が書かれているのかさっぱりわかりませんよね。

逆に自分は頭が悪いんだ、とかマイナス思考になったりして、
アレルギーにかかった時期もありました。

私は今だから言えるのですが、悩むよりも慣れろ、です。

それに全部わからなくてもいいんです。

自分に関係のある箇所だけで十分です。

それなら今晩見るテレビ欄しか見ない、というのではちょっと
困りますが。。。。

例えば、自分の仕事に関係あるような記事ですね。

仕事をしていくとわかってくるのですが、はじめは関係ないと思っていた株価や法規制や政治やら、、、、

いろんなことが実は自分の仕事とけっこう関係していることに気づいてきたりします。

そういうことを感じると少しだけ興味を持って読めてきます。

そうやって少しづつ読む欄が広がっていけばいいと思いますよ。

でもやはり日経新聞は働いているのであれば欠かせない新聞だと
思います。

ニュースはネットで見れるという輩もいますが、私は絶対に
新聞をおすすめです。

ということで、日経が苦手という新人の方に次の本を紹介
しますね。

日経経済記事の読み方〈2007年版〉

是非、一読を。


posted by リュウ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。