2007年04月07日

不都合な真実

不都合な真実という本、もう見られましたか?

元米副大統領、アル・ゴアさんの本です。

内容はかなりのインパクトです。

本当に不都合な真実ですね〜。このタイトルの通り。

自然破壊をなくすために誰が最初にエネルギーの消費をおさえるのか?

みんながせいのっで無くせるような問題でもないですしね。

人間は不都合な真実をわかっていながら何もできずに突き進んでいってしまうのでしょうか。

著者のゴアさんの別宅には温水プールがあって、年間の光熱費が350万円という話を聞きました。

ゴアさんも苦しいところですね。

でも私はこういう本を出したゴアさんには拍手をおくりたいと思います。

人々の意識が今よりも少しでも変われば価値はあると思います。

と書きつつ、では自分では何が出来るのか考えてしまいますね。

国がつくるルールは置いといて、個人でできることって何でしょうか?

はじめは車に乗る回数を減らそうとか、たばこをやめようとか思っても相当な動機がないと続かないように思うんですね。

これはなかなか難しい問題ですね。。。。

まだ読まれていない方はおすすめです。

不都合な真実

是非、一読を。


















posted by リュウ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。