2007年04月10日

三顧の礼

三顧の礼という言葉があります。

才能のある人物を得るために、地位の高い人物が何回も訪問し礼を尽くして迎え入れること、です。

三国志の英雄・劉備が、当時無官であった諸葛孔明の草庵を自ら三度に渡って訪問し、迎え入れた故事が由来となっています。

今年は多くの新入社員が採用されましたが、新入社員は他の会社から三顧の礼で引き抜かれるような社員を目指し、企業側は三顧の礼をつくしてでもほしい人材を育成、または見つけてくることが大切だと思います。

どんなことをしても欲しいと思われる人材を目指したいものですね。

三国志もう読みましたか?



漫画なので一気に読みますよ。

小説は苦手という方にはおすすめです。

漫画でも十分だと思います。


posted by リュウ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。