2007年04月11日

笹倉玄照堂の作務衣

作務衣(さむえ)って知っていますか?

禅僧が着ている紺色の作業服です。

禅寺では作業のことを作務(さむ)と言います。

作務の時に着る衣なので作務衣と言うのですが、これがなかなか
快適なんです。

私は家にいる時は作務衣を着ていることが多いのですがけっこう病みつきになりますよ。

家にいる時はTシャツに短パンでもいいのですが、作務衣を着ているとなんとなく品が保たれつつもリラックスしている絶妙の感じがあるんですね。

それに日本人の顔にも合いますしね。

私はかれこれ17年くらい同じ作務衣を着通しています。

藍の色もあせて使い込んだ良いふうあいになっています。

おすすめの作務衣は笹倉玄照堂のものですね。

笹倉玄照堂の作務衣は、著名人の間でも愛用されており、名前が通っているだけあってモノは確かにいいですね。

手つむぎ感覚のしっかりとした素材に、動きの多い部分は裁ち目の見えない巻二重縫いで、繰り返しの洗濯にも強い丈夫なつくりになっています。

これから暖かくなってきますので、家にいるときなどにちょっと和のテイストでくつろぎたいと思われている方にはおすすめです。





posted by リュウ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。