2007年04月18日

長崎市の伊藤市長が撃たれる

本日、長崎の伊藤市長がJR長崎駅前にある選挙事務所の前で銃撃されました。

伊藤市長は救急車で長崎大医学部・歯学部付属病院に運ばれ、心肺停止の状態とのことです。

なんとか無事であることを祈るばかりです。

実は長崎の市長が撃たれたのはこれが初めてではありません。

1990年1月に長崎市役所前で本島等・前長崎市長も右翼団体幹部に銃撃され重傷を負ったという経緯があります。

私は長崎出身なのでこのような事件がまた起きたことをすごく悲しく思います。

またなんと同じ日に、米バージニア工科大学で学生32人が同大学の生徒に射殺されるというとんでもない事件が起こりました。

銃の所持について真剣に考えないといけないですね。

こう事件が起きるとマイケルムーアを思い出します。

ムーアは、1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材に「ボウリング・フォー・コロンバイン」というノンフィクション・ドキュメンタリー作品をつくりました。

ムーアはこう言っていました。

「アメリカでなぜこれだけ銃の事件が発生するのか?それは行き過ぎた個人主義により他を受け入れることが出来ない恐怖心のせいだと」

そしてムーアは作品中、『Kマート』での銃弾の販売を止めさせることに成功しています。

この作品は、制作費はわずか400万ドルそこそこであったのですが、全世界で4,000万ドルの売り上げを越え、世界各国のドキュメンタリー作品の興行成績を塗り替えました。

今回、たまたま同じ日に発生した日本とアメリカでの銃撃事件。

これを大きな問題提起ととらえて真剣に銃の所持について考えないといけないですね。








posted by リュウ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。