2007年04月21日

納豆の美味しい食べ方

先日テレビを見ていて驚いたことがあります。

ほとんどの日本人が朝食に納豆を食べているらしいのです。

以前、関西人は納豆がきらい、という話を聞いたことがあったのでこの事実は意外でした。

このように日本人に愛されている納豆ですが、納豆の美味しい食べ方って知っていますか?

いきなりタレとからしを入れてかき混ぜていないですか?

美味しい食べ方を紹介いたします。

まず、タレもからしも入れず納豆だけをひたすらかき混ぜます。

糸が引いて納豆全体が白くなるまでひたすらかき混ぜるのです。

糸を出せば出すほど美味しくなっていきます。

そしてタレを少し垂らして、またひたすらかき混ぜます。

これを何回か繰り返し最後にからしを入れてまたかき混ぜます。

このようにして一度食べてみてください。

本当に美味しくなりますよ。

手間をかけると何でも美味しいんですね。

実はこの本の中で書かれていた内容なんです。

魯山人味道改版

美食家であり、陶芸家であり、書道家であり、、、、天才芸術家であった北大路魯山人の納豆の食べ方がコレなんですね。

さすが!としか言いようがありませんが確かにすごく美味しいので是非、一度トライしてみてください。



posted by リュウ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。