2007年10月04日

ミステリーショッパー

ミステリーショッパーって知っていますか?

飲んだり食べたりして、その報告をするとお金がもらえる、というような夢のようなお仕事のことです。

おいしいことには必ず裏がある、、、でもこれはお金を出すほうもちゃんと得をするようになっているのです。

というのは、お店の売上をあげるためにはお客様に喜んでもらうことが大切です。
接客、味、お店の雰囲気、、、といろいろありますが、これらがしっかり出来ているかそのお店のマネジャーや社長はこっそり見たいところですよね。

しかし普通、社長がお店に来る時というのはお店のスタッフもがんばってしまうので本当の実態がつかみにくかったりしますよね。

それでこのようなお仕事が生まれることになるのです。

だからまったく怪しくないのです。

こういうお仕事をミステリーショッパーというのですが、このお仕事だけで渡り歩いている達人もいるらしいです。

初めての方はこの機会にいかがですか?




これが本当に「おいしい」お仕事ミステリーショッパー!


posted by リュウ at 05:36| Comment(12) | TrackBack(0) | ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

私の情報管理術

最近、知人と手帳談議に花が咲きました。

かなりひまな生活をしていることがばればれですが。。。

手帳活用の話は情報管理の話につながってきます。

自分の情報をどのように効率的・効果的に活用していくのか。

ここが焦点ですよね。

知人は熱狂的なバイブルサイズ手帳派です。

それはそれはマメに情報を管理しています。

A4の資料をバイブルサイズに縮小コピーして6穴にして
カテゴリーのタブをつけて、、、、などなど。

私はめまいがしそうですが。。。

私は前にも書きましたが、すぐに取り出せて書いたり
確認したりする情報と、そうではない情報に大きく分けられると
思うのです。

すぐに取り出せる情報はポケットサイズの手帳に記録する。

そうではない情報は大学ノートに時系列でおさめていく。

そして2つともリング式ではなく綴じ式であることが不可欠なんです。

綴じていることで、”これ1冊感”が生まれ情報が逃げていかない安心感が持てるのです。(わかりくに話ですが。。。)

能率手帳はあくまで予定と簡単なTO DOリストを書くのみ。

あとの情報はすべて大学ノートに時系列で書き込んでいくんです。

もう何でも入れていきます。
新聞の切り抜き、電話での会話のメモ、落書き、会議での議事録、思いつき、それに喫茶店でミーティングをやるときにはホワイトボードがわりにもなりますし。

それに書いていくとわかることなのですが、その時の事実と自分の思考の跡をたどっていくことが出来てすごく重宝します。

あのとき、こういうことを考えていたから、こういう意見を言ったんだな、、、とか。

大学ノートがいっぱいになったら背にナンバーと日付を入れて棚にしまっておくんです。

そうしてたまっていく大学ノートは人生の日記にもなりますしね。

以前、「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」という本を読んだのですが、その中にもよく似た方法が書かれていました。

手帳談議って、どれがいいとか結論は出ないんですがけっこう盛り上がったりするんですよね。

私の手帳とノートを紹介しますね。

能率手帳ゴールド(小型版)


私が使っている大学ノートです。
W100Sというサイズがおすすめです。


こういう手帳法もある、という方がいましたらいろいろ教えてくださいね。











posted by リュウ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。